不動産査定と売却の仕組み

不動産売却と査定の仕組みはどうなっているのか?その方法とは? - 不動産査定と売却の仕組み

不動産査定と売却の仕組み

rsths
不動産を査定すると言うと、その価格について関心が高まる人が多いと思いますが、不動産の査定をする本来の目的としては、その不動産を売却することが挙げられます。
しかし不動産査定と言うのは後に売却をするとしても、その仕組みが分からなければなかなか上手くいきません。
不動産を査定して売却するためにはどのような仕組みになっているのでしょうか。

不動産査定の方法

不動産査定の方法はいくつか種類があり、大きくわけると3つあります。

  • 原価法・・・土地や建物(一戸建て)の価格
  • 収益還元法・・・アパートなどの投資物件
  • 取引事例比較法・・・今後住むことを前提とした中古マンションや一戸建て

これだけをばっと見ても分かりにくいものがありますが、それぞれの不動産のタイプ別に査定方法が決まっているということです。
例えば、中古の不動産では取引事例比較法が代表的で、周辺の取引相場、売出事例から具体的な査定額を算出すると言う方法です。
建物のグレードなども考慮されるのが特徴です。

その他の査定方法

その他の査定方法では、主に2つあります。

  • 机上査定(簡易査定)・・・実際に対象となる部屋を見ないで査定
  • ・訪問査定・・・実際に対象となる部屋を見て行う査定

この2つの中では訪問査定の方が、机上査定よりも細かいところまで見ることが出来るので、正確性が増します。
売却する物件を見てからとなるので、ありのままの状態に対する詳細な査定を受けることが出来ますから、依頼した不動産によっては査定額にばらつきが出ることがあります。

査定費用はかかりますか?

ほとんどの場合、車でもそうですが、査定をするだけなら費用はかからないことが多くあります。
査定だけをお願いするなら気軽に相談が出来ますし、いくつかの業者に依頼することも可能です。
査定にかかる費用が発生する時と言うのは、実際に売却が成立した時で、仲介手数料と言う形での費用がかかります。
それ以外の査定に関する費用は一般的にはありません。
査定をしたい段階で、どうしても気になる場合は、事前に査定の前や、売却の依頼をする前に、査定が無料かどうかの確認をして、費用がかかるタイミングはいつなのかをちゃんと調べておくと良いです。

仲介業者と良く聞くけれど

不動産の売却は、仲介業者、仲介会社と言う不動産会社が取り扱うサービスの1つです。
仲介に関わる業者は消費者に1番近いところに位置していて、不動産を売りたい、買いたいと言う時にまず登場します。
売りたい場合も買いたい場合も仲介業者に依頼をすることから始まり、それぞれのケースによって業者がさまざまな活動を開始します。

不動産の査定をして売却する仕組み

不動産を査定してもらい、いずれは売却したい、その時には何らかの形で不動産業者の中でも仲介業者を利用することになります。
仲介業者が売る、買う、どちらのケースの場合でも依頼者の要望を細かくまとめて、それに限りなく近い条件になるように活動するのが一般的です。
仲介業者からは広告のみならず、部屋の内覧の立ち合いや、契約に関することまでの一連のこと全てにおいてサポートを受けることが出来ます。
また不動産の査定においては、一般的には大手や中小の不動産会社を含めても、ほとんどの場合は無料です。
それが机上査定でも、訪問査定でも料金などはかからないのが一般的です。
但し、売買が完了した時には仲介手数料として費用が発生しますから、注意が必要です。


不動産の売却の前に査定
http://www.hudosanbaikyaku-navi.com/

新着情報

◆2016/09/16
不動産査定と売却の仕組みの情報を更新しました。
◆2016/09/05
査定価格はあくまでも現段階での資産価値と心得るを新規投稿しました。
◆2016/09/05
プロフィールの情報を更新しました。
◆2016/09/05
査定に費用が掛かるタイミングとは?の情報を更新しました。
◆2016/09/05
細かい部分までしっかり査定して欲しいなら複数の査定を受けようの情報を更新しました。