不動産査定と売却の仕組み

不動産売却と査定の仕組みはどうなっているのか?その方法とは? - 不動産による査定の種類

不動産による査定の種類

不動産を売却の目的で査定する時に、査定には種類があることをご存知でしょうか。
それぞれの査定で査定価格は微妙に変化したり、または大きく変化することもあるので、売却の不動産の種類によっては査定の種類も変える必要が出てきます。

机上査定

読んで字のごとく、査定をする不動産について現物を見ないで行う査定のことです。
どちらかと言うと土地の場合は机上査定でも周辺の土地の価格や評価を参考にして査定することが出来ますが、建物の場合は訪問査定をした場合に大きく変動するケースがあります。
どちらかと言うと机上で地図などを見ながら周辺状況を確認できるような不動産に関しては机上査定を行うことがあります。
もちろん、建物に関しても簡易査定として行うことがありますが、後々訪問査定を実施してより正確な評価をすることがほとんどです。

訪問査定

主に建物などに用いる査定で、一般住宅やマンションなどに適応になります。
この場合は不動産会社の担当者が建物を実際に内覧して、細かいところまでチェックをしてから査定価格を算出します。
机上査定に比べて実際に対象物を見るので、詳細な査定が出来ることと、中古物件の場合は室内やバルコニーからの眺望などによっても価格が大きく変化することがあります。
例えば、部屋からきれいな夜景が見える場合ですと、プラスとなることがあり、評価がアップします。

単純に資産としての価格を把握するだけなら机上査定でもOK

実際に売却をしないで資産としての評価を把握しておきたい場合は、机上査定でもある程度のことは知ることが出来ますが、不動産が建物の場合は年数が経てば価格が下がることも考えられますので、査定する不動産の種類によって選ぶことがおすすめです。

関連する記事