不動産査定と売却の仕組み

不動産売却と査定の仕組みはどうなっているのか?その方法とは? - 細かい部分までしっかり査定して欲しいなら複数の査定を受けよう

細かい部分までしっかり査定して欲しいなら複数の査定を受けよう

不動産の売却のために、査定をしますが不動産査定といっても大きく分けて3つの方法があります。
それぞれに用途に応じた方法があり、この査定によっては売却できるであろう目安となる価格は変化することがあります。

原価法について

主に建物の種類や用途によって行われる査定の方法で、土地、一戸建ての売却を目的とした査定に使います。
例えば、土地付きのマイホームを売却したい時などには持ってこいの方法です。

収益還元法について

不動産経営をしている、例えば収益を目的としてアパート経営をしている場合で、こうした投資用の不動産に対して使います。
収益を目的としてるなら、賃貸のマンションの場合もあります。

取引事例比較法について

中古の不動産に対して使われる査定の方法としては1番ポピュラーなもので、これから住むことを前提としている中古のマンションや一戸建てなどに使われます。
この場合は、周辺の取引の相場、売出事例からも算出されますので、周辺の土地価格が高い場合にはとても有利になることがあります。

担当者が行う査定は他にもあります

これらの3種類の査定方法を元に、担当者が行う査定として、まず周辺の取引事例や成約事例を調査していきます。
いわゆる机上査定です。
そしてある程度の情報を元に、さらに物件の部屋の中やバルコニー、室内の施設、仕様、建物のグレードなどを実際に見学して比較検討をします。
いわゆる訪問査定です。
これらの査定を経て、総合的な査定価格を算出するのが一般的です。
このステップを踏まずに机上査定だけで済ませる業者などには注意が必要で、細かい部分まで査定してもらっているかを知りたい場合にはいくつかの業者の査定を受けることがカギになります。

関連する記事