不動産査定と売却の仕組み

不動産売却と査定の仕組みはどうなっているのか?その方法とは? - 査定に費用が掛かるタイミングとは?

査定に費用が掛かるタイミングとは?

不動産を売却するにしても、資産価値を把握するにしても査定は必要になります。
ほとんどの場合、査定だけなら費用は掛からないと言われていますが、どんなケースでも査定が無料と言うのも何となく不自然な感じがします。
査定の費用は本当にかからないのでしょうか。

査定費用が掛かるタイミングとは

査定は机上査定の場合でも訪問査定の場合でも、基本的には無料な不動産会社がほとんどです。
査定のみの相談なら気軽に出来ますし、何度でも依頼することは可能と言う結論に達します。
しかし、実際に不動産を売却するとなったら少し話が違ってきます。
査定だけの段階では先にも触れたように費用が発生することはまずありませんが、不動産を売却した、売却が成立した場合には、費用が発生します。
売却を担当した不動産会社に対して、仲介手数料と言う費用を支払います。
不動産会社は大手でも中小企業でもこのようなスタイルのところがほとんどで、査定は無料、売却が成立すると仲介手数料が発生する、と言った仕組みになっています。
しかし、不動産の売却が初めての場合などは不安が付きものです。
頭では分かっていても何となく不安、と言うようなときは、我慢しないで業者に確認をしましょう。
出来れば売却を依頼する前の段階で全ての確認をしておくと安心出来ます。

査定費用は基本的にはかからない

査定費用は査定のみなら基本的には費用がかかりませんが、売却を依頼して、その売却が成立したタイミングで仲介手数料が発生します。
その金額は不動産会社によって上下しますから、もしも売却を依頼しようと思っている不動産会社があるなら、具体的な金額を確認しておくと良いです。
念のために売却を依頼する前に確認しましょう。

関連する記事